意外にいる縦に歩く蟹たち

 蟹のイメージと言えば大抵はハサミを掲げながらの横歩きではないでしょうか。実際海辺などで見かける蟹は、ほとんどが横歩きです。しかし、全ての蟹が横に歩くわけではありません。ここでは「縦に歩く」蟹を紹介します。

 まずは「マメコブシガニ」です。この蟹は主に干潟に生息しています。大きさはかなり小さく、2センチほどなのでよく見ないと見つけられないかもしれません。そしてまっすぐ歩きます。ただし、速度はかなり遅く、人間の徒歩よりはるかに遅いです。のんびりな蟹ですが、主にアサリの稚貝や二枚貝を食べる肉食です。最近は餌となるアサリが人為的にあちこちに放流されているため、マメコブシガニも一緒に生息地が増えているようです。

 次に紹介するのは「アサヒガニ」です。見た目は朝日のように真っ赤で、縦にしか歩けません。しかも横に歩くことができないのです。主に熱帯亜熱帯地域に生息し、日本でも見られることがあるそうです。特筆すべきはその味です。世界中で美味な蟹として知られており、エビとカニを混ぜたような不思議な味がするそうです。見た目は良く見る蟹とは違い、昆虫みたいですが、見つけたら食してみたいものですね。

 続いては皆さんご存知「タラバ蟹」です。オホーツク海に生息し、北海道の代表的水産物でとても美味しいですよね。有名な小説「蟹工船」で獲っていた蟹はタラバ蟹だそうです。この蟹、実は蟹ではなく「ヤドカリ」の仲間なのです。そのため、縦にも歩くことが出来るのです。もちろん横にも歩くことが出来ますよ。よくカニ料理を扱う店で水槽に入っていますので、よく観察してみると縦に歩く場面に出くわすかもしれませんよ。ちなみに乱獲により個体数が減少していると言われており、今後益々高級化するかもしれないですね。

 そして最後に横にしか歩けない蟹でも平衡感覚を失えば縦に歩くこともあるそうです。人間が目を回せばふらふらするのと同じですね。でも蟹にとってはきっと苦痛なので、意図的に目を回すのは止めましょう。今年の冬に蟹を食べたい人は、かに本舗が、かに通販おすすめなので、かに本舗で蟹選びすると良いでしょう。

毎年、年末年始に蟹を食べています

最近は年末年始に蟹を食べますが、それ以外ではめったに食べなくなりました。
蟹の値段が高いということもありますが、食べる習慣が無くなってきているのかもしれません。

とは言っても、年末年始は蟹を食べないと何となく落ち着かないような気がします。
蟹の種類も私が子供の頃は、紅ズワイガニが主流でしたが、今ではタラバガニがメインとなっています。

足の太さを比べても、タラバガニの方が太くて食べ甲斐があります。
また、スーパーなどでもタラバガニを多く見かけるようになりました。

そのようなことからも、タラバガニを食べることの方が多くなったような気がします。
タラバガニは美味しいのですが、やはり紅ズワイガニとは違った美味しさです。

タラバガニはザリガニ系らしく、蟹ではないようです。
とは言え、どちらもそれぞれの美味しさがあり、私にとってはどちらも美味しい蟹です。

タラバガニは昔から食べていたわけではなく、北海道の蟹というイメージがありました。
地元で獲れる蟹は紅ズワイなので、その味の方が長く親しんでいるのかもしれません。

先日、スーパーへ行ったら、紅ズワイガニが半額で売っていました。
美味しそうだと思ったのですが、季節は夏なので、やはり安全性を考えて止めておくことにしました。

暑い時期はやはり食材が傷みやすく、自宅まで運ぶ間に悪くなりそうです。
この時期ではなくても寒くなったほうが、蟹は美味しく食べられると思います。

お盆には何度か刺身や生寿司を食事で用意しましたが、やはり食材にはかなり気を使いました。
部屋の温度をかなり涼しくして、生の魚介類が傷まないように気をつけました。

蟹はサルモネラ菌という怖い菌があるので、どうしても暑い時期は敬遠してしまいます。
蟹の販売所のような場所で食べるのならば、食当たりをする可能性も少ないのかもしれません。

それよりも私はやはり寒い時期に蟹を堪能したいと思います。
カニ通販で蟹取り寄せすれば、美味しいカニが手に入りますからね。
寒くなくても気温が下がって涼しくなれば、食欲もわいてきますし、蟹もより一層美味しく感じられると思います。

お歳暮について思うところ

日本の伝統的な習慣にお歳暮ギフトがあります。年々お歳暮で贈り物をする人も少なくなってきていますがお世話になった人には何かと感謝の気持ちとして贈りたいものです。このお歳暮も景気に影響されて景気が良ければたくさん贈られます。景気が悪くなるとまず同じような習慣のお中元をまず控えるようになって、さらに景気が底を着くようになるとお歳暮まで控えようかと悩む人もでてきます。ここのところ20年ほどずっと景気が悪かったためにお歳暮の習慣も減ってきたの理由の一つではないでしょうか。それでも本当にお世話になった人だけはこの習慣は残したいものです。お歳暮を贈るというのは経済的なゆとりだけでなく心のゆとり、時間のゆとりもないとできないことです。贈られる人のことを考えていろいろとお歳暮の品を考えるのも贅沢な時間ともいえます。喜んでもらえるお歳暮を選ぶには本当に近い関係で相手のことをよく知らなければできません。義理で贈るお歳暮などはよくある洗剤などの日用品や缶詰やジュースなどの食品のセットですませればいいのですが、時間もなくあわただしく、たくさん贈るようなお歳暮は本当はやらなくてもいいのかもしれません。最近は便利になって百貨店などでは登録しておいて一斉に百貨店から配送してもらえるお歳暮のシステムもありますし、お歳暮コーナーも機能的に短時間で多くの人に配送してもらうように見本をみてカードで注文するようになっています。そういう便利なものもいいのですが、やはりできれば実際に訪問して手渡しで贈ることができるほうがずっと丁寧で心がこもっているように感じます。万人向けするようなものでなくてもいいと思うので、そういう意味では百貨店のお歳暮コーナーよりも普通の売り場で商品の実物を確認して買うのもいいと思います。お歳暮を贈るということは時間も心もそして経済的にもゆとりがないとできません。お歳暮を贈る習慣が残るということはいろんな意味でもゆとりがあることだと思います。